ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

あきんど、ええもんを食べる。 ジャン・ポール・エヴァン

ジャン・ポール・エヴァン初体験。 いかにも 「あたくし、来慣れてますの~」 という体でお店に入ったが(一体誰に対してのパフォーマンスなんだか…)、内心、ドキドキ。 なんじゃこのメニューは!? さっぱり分からんぞ。 もっと分かりやすくて書いてくれい…

あきんど、本を読む。※だいぶんまえに。「投資家が「お金」よりも大切にしていること」

面白い! 投資の本、というより、生きる価値を経済活動で説明してるような話。 「ブラック企業を作り出しているのは我々消費者」という言葉が胸に刺さる。 まさに、その通り。 より安く、より便利に、という要望が、低賃金、長時間労働の一番の原因。 分かり…

あきんど、働く。

仕事の大ヤマで、週末も労働。 ヘトヘト。 頭痛ヒドく、夜にストレッチへ。 3本の指に入るヒドさです! とほめられ(?)た。 ようやく息ができるようになった。 メンテナンスは重要。 しかし。 ストレッチ、いい。 マッサージより、いい。

あきんど、角煮を作る!・・・・作ろうと思った。

100g78円の豚バラブロックを見つけ、角煮作ろ~と喜び勇んで買って帰った。 ら! 酒がない・・・・・。 砂糖もない・・・・。 日本酒はちょっと前に使い切って、買って帰るの重さについついほっておいたのだった、と思い出した。 その上、砂糖は先日マーマレ…

あきんど、旅に出る!・・まだ出ない。

あきんど、おそろしく、出不精。 おうち、大好き。 というか、巣穴が大好き。 じぃ~と、じぃ~と、巣穴にこもる。 めったに外には出ない。 もう、これは修行! という勢いで、出ない。 週末なんて、 「お腹すいたなあ。コンビニ行こうかなあ」 という葛藤と…

あきんど、おフランスの香りに包まれる。

お友達に誘ってもらい、優雅にフレンチランチ。むひひ。 と優雅さの欠片もない笑い声を上げながら仕度をしていたら、開けた窓から、ほのかな香りが。 この香りは!! ・・・・ 間違いなくサバの文化干し。 朝10時からサバの文化干しを焼くなんて、なんて風雅…

あきんど、暗闇でしゃべる。ダイアログ・イン・ザ・ダーク大阪

www.dialoginthedark.com ダイアログ・イン・ザ・ダーク大阪、へ行ってきました。 東京で行きそびれたので、大阪会場へ。 おそらく、大阪会場の方が狭い。 コンセプトは 「対話のある家」。 もうね。 すごく。 いい。 とても。 いい。 もういちど行きたい。 …

あきんど、採用について考える。

newswitch.jp 面白い記事を読んだ。 ベンチャーが最も採用してはならない人は、 「頭が良い、悲観的な人」。 ベンチャーはどうしても採用の際に、大手企業に対してハンデがある。 知名度、福利厚生、安定性。 ベンチャーであるがゆえに、 「将来性」=「夢・…

あきんど、本を読む。マネジャーの最も大切な仕事

刷り込みって怖いな。 なんとなく 「マネージャー」 の最も大切な仕事 と読んでた。 ホントは 「マネジャー」。 面白い本だった。 人と関わる全ての人に読む価値あり。 子育て中のお母さん とか 学校の先生 とか 新人さんが読んでも学びあり。 結局のところ…

あきんど、本を読む!ブルーサーマル

やば。 なんとなく軽い気持ちで読んだら全巻大人買いする羽目になってしまった。 面白い。 こんなアホウはあきんどだけかもしれないが、 「サーマル」のイメージ、悪かった。 言わずとしれた 「プルサーマル」のおかけで。 意味も知らずに 「サーマル」=悪…

あきんど、梅田ダンジョンで遭難する。

gunosy.com 大阪、街の形が複雑。 梅田地下とか案内板がイヤガラセとしか思えん。 ○○線はあっち→ という案内板の通りに歩くと、案内が途中でなくなる。 なんでやねん!! と激しくツッコミたい。 それでも碁盤目のようになっていれば歩けるものを、道がてん…

へぼへぼお悩み相談室。人生はなわとび!

人生って、 というと大上段に構えすぎだが、 人間関係ってなわとびみたいだな と思う。 そして、子供の頃になわとびが下手だった人間はずっと下手なまま、というか・・ 人間関係は長なわとび。 あきんど、なわとびがそんなに苦手だったわけじゃない。綾とび…

あきんど、本を読む! マンガは本!うた恋♪

遺伝子の法則に「巻き毛劣性」ってあったような気がするんだけど、巻き毛って劣性なの? なぜ雨降りの日のあきんどの頭はぼさぼさなのだろう・・・。 劣性なら劣性らしく、表に出てくれなければ、雨の日がもっと楽なのに・・。 あきんど、血も劣性。 おとんB…

ナニワ七不思議

ナニワには不思議がいっぱい。 東京人は。大阪の事を、東京に次ぐ、日本の第2の都市、と思っている。 ※ここで言う「東京人」とは生まれも育ちも東京、先祖代々東京住まい、の人々を指しているのではない。東京で働く人々を指している。 でも、住んでいると意…

ねーちゃんは、がんサバイバー。ねーちゃんとシャンプー。

ねーちゃんは、がんサバイバー。 正確には、ワーキングサバイバー。 職場の大半の人に、内緒でサバイブ。 抗がん剤治療は、髪の毛が抜ける。 誰もがよく知るこの副作用。 たしかに、髪は抜ける。 でも、言葉は正確に使ってほしい。 正確には 「髪も抜ける」…

ねーちゃんは、がんサバイバー。ねーちゃんと化粧

ねーちゃんは、がんサバイバー。 正確には、ワーキングサバイバー。 まさか会う人すべてに「がんなんです」と言うわけにはいかない。 職場の一部の人にのみがん治療することを話、大半の人には内緒でがんサバイブ。 抗がん剤は髪の毛が抜ける。 この言葉は正…

妄想劇場。6 自傷行為

誰かに無神経なほど無邪気に踏みつけられて、傷ついたのにその時笑ってやり過ごしていたら、 その人がそのことがなかったことのように、あきれるほど無邪気に人を利用しようとしてきて、 ふつふつと怒りがわいた。 そして、きっぱりと、刺した。言葉で。 刺…

あきんど、旅に出る!大歩危・小歩危

「ぼけぼけ」! 「いつもじゃん」などという突っ込みは要らない。おおぼけ、こぼけ。 漢字では 「大歩危、小歩危」 と書く。 これ、知らないと絶対読めないよね。 おかんとねーちゃんと3人で家族旅行。 そういえば3人で行くのは初。 朝イチで広島尾道、平山郁夫美…

部下は育休復帰者!

あきんどの部下は育休復帰者。 2人いて、2人とも。 同時期に妊娠し、同時期に出産。同時期に復帰。 同時に時短勤務。 正直、恐ろしく、仕事ができぬ。 もともとできぬのか、産休育休ですべてリセットしたのか知らんが、恐ろしいほど、何も知らん。 あきんど…

あきんど、ひよこにお金のしくみを教える!固定資産ってなに!?

あきんど、少し前まで、管理畑にいた。 部下が、ひよこだった。 恐ろしいほど、何も知らない、ひよこ。 仕方ないので、教室を開いた。 いいですかあ。お金って、こうやって動くんですよ~ ってやつを。 次回は問題!とか言っておきながら、先に固定資産につ…

ねーちゃんは、がんサバイバー。ねーちゃんと帽子。

ねーちゃんは、がんサバイバー。 正確には、ワーキングサバイバー。 まさか会う人すべてに、 「ガンなんです」とは言えない。 特に、会社の人すべてに言うのは、シンドイ。 それでなくても治療でシンドイのに、気を遣う周りにかえって気遣いせねばならず、い…

ねーちゃんは、がんサバイバー。コトバは時々棘になる。

これは2014年の新聞記事。 とても共感した。 あきんどのずっと、一番嫌いな言葉は「大丈夫?」だった。大丈夫じゃなさそうだからかけるであろう「大丈夫?」という言葉。 ギリギリのところで踏ん張っている心を折るような気がして、なんて残酷な言葉なんだろ…

あきんど、本を読む。近藤史恵サクリファイス

サクリファイス エデン サヴァイブ この3巻はシリーズ。 ホントはシリーズ自体はまだ続くけど、それは外伝的なお話になる。 自転車ロードレースのお話。 素人が読んでこれほど分かりやすく競技の熱狂と風を感じられるところがすごい。 ロードレーサーとして…

汝の名は、おかん! へびとおかん

すごいものを見た。ヘビが、ヘビが、・・・飛んだ。 おかんを連れた旅行で精も根も尽き果てぐったりな昨今。「あきんどさ~ん!ちょっと来て~~」とおかんに呼ばれた。 「なんね」と行くと、「ほらほら、あそこ見て!」 とおかんが指先した先にはヘビが。 …

あきんど、ひよこにお金のしくみを教える!

あきんど、少し前まで、管理畑にいた。 部下が、ひよこだった。 恐ろしいほど、何も知らない、ひよこ。 仕方ないので、教室を開いた。 いいですかあ。お金って、こうやって動くんですよ~ ってやつを。 自分で本の1冊くらい読んでこいや、と思わなくもなかっ…

あきんど、旅をする。奈良柳生の里。

奈良には面白いところがいっぱい。 奈良、柳生の里へ行った。 柳生新陰流。 剣の道になんの興味もなくても、名前は聞き覚えがある柳生。 ドローンと共に行くと景色が違って見える。 奈良って面白いものがいっぱいあるのに、広報ヘタだなあ、としみじみ。 で…

あきんど、遊郭へ行く!大阪・飛田新地

日本最後の遊廓、といわれるところが、大阪にはある。 飛田新地。 あきんどはまったく無知で知らなったが、 男性にとっては聖地として有名らしい。 遊郭での時間制が今だに残っているのか、時間は15分から。 線香一切り、と一緒。 ※遊郭では線香1本で時間を…

あきんど、眼を見張る。

電車で斜め向かいにすわった男性がワニ革の財布を膝に置いていた。 それ自体はそれほど珍しくない。 珍しいのはそのワニ皮がアルビノで、 アタマがついていたこと、ワニの。 ワニのアタマがついてる財布。 おお!っと見いってしまった。すごくリアル。 ワニ…

あきんど、宗教を考える。

正月には神社へ、実家に帰れば仏様を拝み、クリスマスにはケーキを食べる、宗教観があるとは到底言えない日本人。 あきんどの出身校はプロテスタント。 神父と牧師の違いについては説明できる。 けど、根本的に何が違うのか、というと怪しい。 ってか、日本…

あきんど、おかんと旅をする。

宮城→山形→福島→東京と弾丸ツアーにおかんと参加。 おかんにとってはツアーに混じってもどうにかこうにか歩ける、という自信につながる旅だった。 ※おかんは難しい病気で、手足が若干不自由。 しかし雨に追われる旅だった。 山形さくらんぼ園の後は東北のお…

あきんど、旅をする。蔵王

おかんと珍道中旅行。 この写真見てどこか分かったらすごい。 晴女を自称するつもりなのに目的地についたら雨がどしゃどしゃどしゃどしゃ・・・・!Σ(×_×;)! 見たいものが、見えぬ・・・・。 心の目で見るしかない・・・。 お釜お釜。お釜、どこ~!? 霧を…

汝の名は、ひでさん。おかんのおかんのおかんのおかん話。

当たり前の話なんだけど、今は過去という歴史の上になりたっているんだな、と実感する話を聞いた。 おかんのおかんのおかんのおかん話を聞いた。ヒデさん。 ヒデさん、満州で終戦を迎え、愛媛、今治へ帰る。 100歳まで生きたそうな。 そんな彼女、元は島根の…

汝の名は、おかん!13 おかんは自分だけ逃げる。

親戚の叔父さんの自慢のバラの見に行った。 叔父さんは居らず、勝手に庭のバラの写真を撮る。 田舎パーソナルスペースに関する考え方がおおらかだ。 都会じゃ不法侵入扱いだよ、これ・・・。 朝からおかんの指令を受け、庭のフキ取り。・・・やだ・・・・。 …

汝の名は、おかん!12 おかんはちょいちょい罠をはる。

朝、煮リンゴを食べてむせた。す、すっぱい!!腐った?? 舌がしびれる酸っぱさだ。身の危険を感じる・・・。 あきんど「おかん、煮リンゴが腐っとる!」おかん「あらー間に合わんかったんやねー。昨日酢を入れたんやけどー」 おかん、煮リンゴに米酢をドバ…

ねーちゃんは、がんサバイバー。ねーちゃん、リバウンドする。

ねーちゃんは、がんサバイバー。 正確には、ワーキング・サバイバー。 抗がん剤治療で、恐ろしいほど、やせた。 遠く離れて住んでいて、不安が募るばかりだった。 抗がん剤治療の見た目に関わる大きな特徴は ・痩せる ・髪、というか体毛がすべて抜ける ねー…

あきんど、本を読む。子供につたえる日本国憲法

子供につたえる日本国憲法 井上ひさし うっ。 恐ろしいほどの衝撃を受けた。 前文と9条についてのみ書いてある。 子供向けなので、すぐ読める。 恐ろしく、深い。 今、この不安定な国際情勢だからこそ、読んだ方が良い。 あきんどは自衛隊反対などと言うつも…

妄想劇場5 妄想は突然降りてくる。 

あきんど、若干、若干。妄想癖がある、と思う。 若干。 突然、イミフに何か降ってくる。 これはその一つ。 軍隊設定。敵との交渉。 相手の言い分を飲む代わりの要求は何かと聞かれ。「てめえに望むことなんかあるか!」と言おうとしたところを仲間に止められ…

あきんど、たまには賢そうなこともいう。おだまきについて

道の駅で「おだまき」という花を見つけた。 「おだまき」と聞いたら思い出すのは 静御前。 しづやしづ しづ(賤)のおだまき繰り返し昔を今になすよしもがな ・・・ いくつもの意味が重なるのが歌なので、表面の「義経様に静(しず)と呼ばれていた頃に戻り…

あきんど、ネットワークビジネスについて考える。

これは数年前の出来事。 お友達のお友達のお友達のおうち(つまり赤の他人様のおうち)のBBQパーティーに誘われて気軽く伺ったら、○ムウェイの講習を聞く羽目になった。「楽してどんどんお金が入ってくれば良くない!?」 という話はじまりからして、生きて…

あきんど、祭りを考える。

shimonoseki.travel 黄金週間(ここはあえて「おうごんしゅうかん」とよみたい)には全国あちこちでお祭りがあると思うが、山口県下関市にも「海峡まつり」がある。 その中に「先帝祭」というものがある。 古くからある祭りで、源氏に追われて亡くなった安徳…

あきんど、緑を愛でる。

目に青葉 山ホトトギス 初鰹 ホトトギスの鳴き声を聴きながら青葉を見て、夕飯に初鰹を食べた。 何かいいことあるんだろうか。 3文くれるのか? (それは早起き)。 この俳句、季語が3つもある。 夏がくるぞ!と主張してるんだろうか。 気っぷのいい江戸っ子…

あきんど、たまに料理もする。エッグタルト・・・もどき。

おかんにいわれ、つくった。 エッグタルト!!! ・・・に見えなくもない、なにか。 ・・・おいしくない・・・。 何がいけないんだろう・・・・。 バターがなくてオリーブオイル使ったことか? 卵黄入れろってのに、全卵にしたことか? 生クリームって書いて…

汝の名は、おかん!11 おかんはだいたいナチュラルにヒドイ!

夏みかんの花が咲いた。 黄金週間(後半)の昨日、朝からしゃがみこんで草をむしっていたら、おかんが「丁度良かった」←よくない。と、植木を剪定しろと言ってきた。 草むしりを途中でやめ、剪定鋏で伸びた植木をわしゃわしゃ刈りだしたら、おかん、10分もせ…

あきんど、本を読む。「いまの説明、わかりやすいね」と言われるコツ

あきんど、元々管理畑の人間。 が、関西転勤に伴い、営業もやる事に(というか全てやる事に)なった。 営業は人生において、一度もやった事がない。 お客様へ提案書を書いたこともなければ、取引会社とプロジェクト進捗管理を行ったこともない。 やったこと…

あきんど、本を読む。たった一人の熱狂

読了。 これは755というsnsで見城さんがフォロワーからの質問にガチで返答していたものが本になっている。 その当時、見城徹千本ノック、と言われていた。 そもそも、755、とは、ホリエモンの囚人番号だったらしい。 出所してすぐにサイバーエージェントの藤…

汝の名は、おかん!10

他行してうちに戻ると、庭が耕されていた。 「庭が耕される」 ・・・我が実家は戦時中の疎開先のようである。 昨日まではそこここに雑草が芽吹く牧歌的な庭であったのに。 何事かとおかんに聞けば、 原因は 「ノビル」。 なぜか我が家の庭にはノビルが群生し…

あきんど、リア充になる!

スタバで写真を撮るとフォトジェニック!的なことが書いてある記事を見つけたので、やってみた。 なんでもこれでリア充を表現できるそうな。 ホンマかいな。 題して。 「今日はスタバでまったり♡」 無駄な反感も買わず、リア充を表現できるのでインスタの必…

汝の名は、おかん!9 おかんがゆく。

うちんちの庭。 というほど風情はなくただの敷地と化しているな、ここ。 コンポストがさりげなくあでやかな緑を演出。 写真の真ん中にある白いコンクリはおかんが突然思い立って掘った井戸。 (おかんがシャベルで掘ったわけではない)昔からある井戸の水量…

あきんどは、山へ芝刈りに。ID:v1pdjn

ミッション コンプリート。 本日のミッション、山へ芝刈り・・・ではなく、筍掘り。 この3倍は掘ったが、ほとんど人様へ。 筍は鮮度が命。 掘りたてを即糠で下ゆでしてアク抜きするのが最も美味しく食べれる秘訣。 美味しいモノは美味しい内にみんなで分け合…

あきんど、天敵と出逢う。

この世には 「サバサバ系女子」 という世にも恐ろしい人種がいる。 ロールキャベツ男子なんか目じゃない。 彼女たちは人も騙すが自らも騙すので、カケラの悪意もなく、自らの正義を信じて疑わない。 「私ってば、ほら、サバサバしてて、男らしいから!」 と…