読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

おかんシリーズ

あきんど、旅をする。蔵王

おかんと珍道中旅行。 この写真見てどこか分かったらすごい。 晴女を自称するつもりなのに目的地についたら雨がどしゃどしゃどしゃどしゃ・・・・!Σ(×_×;)! 見たいものが、見えぬ・・・・。 心の目で見るしかない・・・。 お釜お釜。お釜、どこ~!? 霧を…

汝の名は、ひでさん。おかんのおかんのおかんのおかん話。

当たり前の話なんだけど、今は過去という歴史の上になりたっているんだな、と実感する話を聞いた。 おかんのおかんのおかんのおかん話を聞いた。ヒデさん。 ヒデさん、満州で終戦を迎え、愛媛、今治へ帰る。 100歳まで生きたそうな。 そんな彼女、元は島根の…

汝の名は、おかん!13 おかんは自分だけ逃げる。

親戚の叔父さんの自慢のバラの見に行った。 叔父さんは居らず、勝手に庭のバラの写真を撮る。 田舎パーソナルスペースに関する考え方がおおらかだ。 都会じゃ不法侵入扱いだよ、これ・・・。 朝からおかんの指令を受け、庭のフキ取り。・・・やだ・・・・。 …

汝の名は、おかん!12 おかんはちょいちょい罠をはる。

朝、煮リンゴを食べてむせた。す、すっぱい!!腐った?? 舌がしびれる酸っぱさだ。身の危険を感じる・・・。 あきんど「おかん、煮リンゴが腐っとる!」おかん「あらー間に合わんかったんやねー。昨日酢を入れたんやけどー」 おかん、煮リンゴに米酢をドバ…

あきんど、祭りを考える。

shimonoseki.travel 黄金週間(ここはあえて「おうごんしゅうかん」とよみたい)には全国あちこちでお祭りがあると思うが、山口県下関市にも「海峡まつり」がある。 その中に「先帝祭」というものがある。 古くからある祭りで、源氏に追われて亡くなった安徳…

あきんど、たまに料理もする。エッグタルト・・・もどき。

おかんにいわれ、つくった。 エッグタルト!!! ・・・に見えなくもない、なにか。 ・・・おいしくない・・・。 何がいけないんだろう・・・・。 バターがなくてオリーブオイル使ったことか? 卵黄入れろってのに、全卵にしたことか? 生クリームって書いて…

汝の名は、おかん!11 おかんはだいたいナチュラルにヒドイ!

夏みかんの花が咲いた。 黄金週間(後半)の昨日、朝からしゃがみこんで草をむしっていたら、おかんが「丁度良かった」←よくない。と、植木を剪定しろと言ってきた。 草むしりを途中でやめ、剪定鋏で伸びた植木をわしゃわしゃ刈りだしたら、おかん、10分もせ…

汝の名は、おかん!10

他行してうちに戻ると、庭が耕されていた。 「庭が耕される」 ・・・我が実家は戦時中の疎開先のようである。 昨日まではそこここに雑草が芽吹く牧歌的な庭であったのに。 何事かとおかんに聞けば、 原因は 「ノビル」。 なぜか我が家の庭にはノビルが群生し…

汝の名は、おかん!9 おかんがゆく。

うちんちの庭。 というほど風情はなくただの敷地と化しているな、ここ。 コンポストがさりげなくあでやかな緑を演出。 写真の真ん中にある白いコンクリはおかんが突然思い立って掘った井戸。 (おかんがシャベルで掘ったわけではない)昔からある井戸の水量…

汝の名は、おかん!8 おかんはいつも突然に。

おかん「ねえ。エッグタルトって何?」 突然言い出す、おかん。 てか、何年前の流行りよ、それ。 どうもブームの頃に情報にまったく気づかずやり過ごしたらしい。 そして、突然、気づいた。 「エッグタルトって、何!!??」 たしかに一時期はやったねえ。 …

あきんど、柿の葉を食べる。

この時期の夕飯は思い立ったように、柿の葉の天ぷらが出る。 と、いっても、料亭に住んでいるわけではないので、正確には 「柿の葉の天ぷらを出す」 何時間も運転してクタクタのあきんどにに、夕暮れ終わり、夜の始まりくらいになっておかんはボールを押し付…

あきんど、旅に出る。 山口の名湯、俵山温泉。

おかんをつれて俵山温泉。 なんでも免疫系の病気によく効くらしい。 山口では有名な湯治場。 これがまた山奥なんだ。 しかもおかんは気軽く「ついでに○○に寄りたいから、先にそっちに行って♪」とのたまふ。 全然方向が違うんですけど・・。 俵山温泉まで直に…

あきんど、山椒を守る。

山椒の花が咲いた。 こんなに刺だらけで身を守っているのにいろんな外敵(あ、私!?)に喰われる山椒。 若葉の頃にはあきんどとおかんとに加え、天敵青虫がやってくる。 コイツはカケラの遠慮も配慮もない。 光合成できるように葉っぱをちょっと残しておこう…

汝の名は、おかん!7 犯人はだいたい、おかん。

おかんに言われて玄関周りに、マリーゴールドとパンジーを植えた。 おかんが植えてほしいというから。 が、数日後、なぜか、両方ヘタッてる。今にも死にそう。 おかん!!! 除草剤かけたやろ!!!! あら、かかったん? かかったんやない! おかんが、かけ…

汝の名は、おかん!6 おかんは黒魔術師。

またかよ、という感じだが、おかんが・・・。 「洗剤を粉に変えようと思うの!」 出掛けにいきなり言い出す。 最近はどこの家もそうだと思うが、我が家の洗濯洗剤も「液体」。 ほんのちょっとで良い、という効率の良い、液体洗剤。 ほんのちょっとでいい! …

汝の名は、おかん!5 おかんは黒魔術師。

花見。よきかなよきかな。暖かい風が吹いて今日はほんとにお花見日和。 山の上の方にぽわぽわと白いものが見えるのは山桜。 おかんは山のそこそこのぽわぽわを見て 「あれは鳥が種を落としたのが咲いたのよ!」と。そして「鳥が種を落としただけでもあんなに…

あきんど、旅に出る。おかんと一心行の桜。

これは2014年3月27日のおかんとの珍道中。 熊本、阿蘇には有名な桜がある。 一心行の大桜。 樹齢400年を超える大きな古木で、それはそれは見事な花を咲かせる。 「一心に行」の文字からも想像つく通り、弔いの桜である。 今は多くの人の心を慰め、浮き立たせ…

汝の名は、おかん!4 たまにはすごい。

ばーちゃんに化粧水と乳液を頼まれた。あきんどより何倍も高いものをご愛用でござる。 いやそもそも私、乳液を使ったことなんてあっただろうか・・・。 この手のものは購入すると色々オマケをくれることがある。 エコバッグやら、試供品のハンドクリームやら…

汝の名は、おかん!3

お彼岸でございます。 彼岸とは春分と秋分の前後3日間をいい、 2017年は3月17日から3月23日までが春のお彼岸でございます。 皆々様におかれましては、牡丹餅をお召し上がりになっていらっしゃいますでしょうか。 別に牡丹餅を食べる日ではござい…

汝の名は、おかん!2

三寒四温とはよく言ったもので、春めいたと思ったら途端に寒さが戻ってまいりますが 皆々様、いかがお過ごしでござりましょうか。 わたくし、今年の冬、おかんに布団を贈ったのでございます。... 大寒に間に合う様に、ぬくぬくの羽布団を。 薄給の我が財布を…

汝の名は、おかん!

汝の名は、おかん!! 先日友人に、「おかんってどうしてあんなに非論理的なんだろう」・・と愚痴ったら「それは、おかんだから!」と返された。そう。おかんだから。おかんとは非論理的で支離滅裂な生物なのだ。 昨夜別の友人から電話があった。「おかんっ…