読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

妄想劇場。1 たっくんとワタシ。

あー一良く働いた・・と疲れ果てての帰路、ホームの私が並んだ列に超らぶらぶ(彼女が大トラ)カップルがいた。

 

彼女は彼に抱きかかえられるようにして列に並んだと思ったら、しゃがんだ。


おいおい吐いてくれるなよ。

心の中で祈る私。


彼氏(たっくん)は彼女をなでさする。

ちょっと、そりゃなですぎでないかい!
と突っ込みたいくらいに。

ここは公共の場だっつうの。

そんなハレンチなこたあ、よそでやっとくれ。

ミニのフレアスカートでしゃがみこんでいるので、パンツが見えやしないかと気が気でない・・・・私が。

 

彼女はホームに手までついてる。

 

・・・余計な世話だが、後で手は良く洗ったほうがいいぞ。

 

 

こんな危険な子と同じ車両は遠慮したいが、今移動したらいやみったらしいよなあ~と考えていたら電車が来た。


どーする気かしら、と思ったら、彼氏が彼女を抱き起こした。

もうチークダンス踊るんかい、ってくらいの密着度で。

 

しどけなくもたれる彼女は彼氏の首に手を回し、いやいやする。


「たっくん。むり~~」


おお、自分で無理だと判断するあたり、なかなかの人格者だ。

えらいぞ、彼女!

 

一緒の車両でリバースされたりしたらたまったもんじゃない。

 


どうでもいいが、たっくん、戸口からどけよ、乗車する他の人の邪魔になるからさ。

たっくんは乗りたかったのか、彼女を抱きかかえたまま、戸が閉まるまで電車のすぐそばに。


そんな名残惜しそうに閉まる戸を眺めるな。

 

あんたがこんな大トラになるまで飲ませたんだろうが。

ちゃんと責任もって送り届けておくれ。

 

お持ち帰りしようが、おさわりしようが、したい放題だぞ、たっくん。

らっきー。

 

そんな春の宵。