読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

汝の名は、おかん!7 犯人はだいたい、おかん。

おかんに言われて玄関周りに、マリーゴールドとパンジーを植えた。

 

おかんが植えてほしいというから。

 

が、数日後、なぜか、両方ヘタッてる。今にも死にそう。

 

おかん!!!

 

除草剤かけたやろ!!!!

 

 

あら、かかったん?

 

 

かかったんやない!

 

おかんが、かけたんや!!

 

せっかく植えた花が、死んでしまうやないの!

なんちゅうことするねん。

 

 

f:id:harusank14:20170413081724j:image 

これは、何?

と聞かれる前に言っておくが、

これは 「芋きんつば」。

のつもり。

 


東京には有名な芋きんつばがある。

 

言わずと知れた

浅草満願堂「芋きん」。


初めておかんにお土産に買って帰ったとき(あきんどはこのためにデパ地下で並んだ)、

おかん

「何よ、これ?芋じゃん」

と憤慨した。

(ちなみに舟和の芋ようかんも同じ反応だった)。

 

田舎の人(うちのおかんだけか?)は素朴な土産を好まない。

ハイカラな土産を好む。

 

ラスクを買って帰った時にも同様に。

 

「何よ、これ?パンじゃん」

と憤慨した。


そんなわけでそれ以来一度も土産にしたことはないが、あきんどは芋が大好き。

先日サツマイモをどかっともらった。


よっしゃ、作るぜ、芋きんつば!!

適当に。


こんな感じだよねー、とファジー感満載で、きんつば作り。


できたー。さっそくパクり。


おお!見た目はヘッポコだが、味は悪くない~♪うまうま。

 

おかんは最初もだもだ文句を言っていたが、味は好みだったらしい。

食べてた。

 

 

作り方


芋を焼く。

潰す。

味をつける(適当)。丸める。

衣をつける。

焼く。


以上。