読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

破れ鍋に綴じ蓋。世界は自分が考えた通りになる。

人様と一緒に歩いていたら大あくび。

なんでも、ちょっと前に生まれたお子さんの夜泣きがひどく、寝不足との事。

「まあ。大変ですね。でも夫婦力を合わせて乗り切るしかないですね」

 

と言ったら

 

「結構、手伝ってるんですけどね」

と返された。

奥さんの機嫌が悪いそうな。

 

ああ。

「手伝う」。

そりゃあ、機嫌も悪くなるでしょ。

 

 

だって、その「手伝う」って言葉、

「他人事」

じゃないと、出てこない。


つまり本心は「お前の仕事だろ」

と奥さんに対して思っているって事。

生後2か月ならたとえ仕事をしている奥様だって、まだ産休中だろう。

だけどさ。

いきなり 未知の生命体 の世話をするわけよ。

旦那の転勤で1年前にこっちにきたって話だったので、ご両親も友達もいないのよ。

 

旦那だけが頼みの綱。

 

なのに、旦那はいう。

「結構手伝ってるじゃん」

 

そりゃ、怒るって。

 

誰だって初めてのことはうまく行かない。

マニュアル通りにまったく動いてくれない。

助けてくれる人も悩みを聞いてくれる人もいない。

何が正しいのか分からないけど、万が一失敗してもリセットはできない。

 

そんな中で、唯一の運命共同体が言う、

「結構手伝ってるじゃん」

 

そりゃ、地雷でしょ。

 

 

 

会社の上司のお子さんがやはり小さいのだが、奥さんは自分がやりたい仕事があって、家庭に支障のない範囲でパートで働いているそう。

 

上司は奥さんがパートに出るに際して子供の世話について、


「俺に押しつけんのやめてよ」


と言ったとの事。

 

押しつける・・・。


自分の子なのに・・・。

 

 

 

私ならマジでこんな男はごめんだが、世の何割かの男性はいまだこの考えなのだろう。

 

「誰が稼いでると思ってんだ」

 

って、本気で思っているんだよね。

 

 

 

でもカワイソウかな、こんな風に考えるから
奥さんから


「稼いで来さえすればそれでいい」


とATM扱いされるのだと思うけど。

 

破れ鍋に綴じ蓋、と思えばナイスカポー、ってこと。

 

 

女性が社会進出し、自分の口を自分で賄えるようになった。

そりゃあ、結婚しない人も増えるよね。

だって、結婚する相手を

「俺に押しつけんのやめてよ」

「誰が稼いでると思ってんだ」

の中から選ぶんだったら、

「選ばない」

って選択肢を選択するでしょ。

だって、必要ないんだもん、そんな破れ鍋。

 

それは男性の側にも言えること。

「稼いで来さえすればそれでいい」

と思われてるな、と感じるから

そんな人の中から

「選ばない」

という選択をしている人だって、いっぱいいると思う。

 

 

つまり、何が言いたいかっていうと。

自分の都合の良い事ばかり相手に押し付けていると、

相手も同じように自分の都合ばかり押し付けてくる、ってこと。

 

人と自分は合わせ鏡。

 

そんな人間関係やだな、と思うなら、まずは自分が変わらなきゃ。

 

 

 

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

 

 

 

コミック版 「原因」と「結果」の法則

コミック版 「原因」と「結果」の法則