読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

あきんど、天敵と出逢う。

この世には

「サバサバ系女子」

という世にも恐ろしい人種がいる。

ロールキャベツ男子なんか目じゃない。

彼女たちは人も騙すが自らも騙すので、カケラの悪意もなく、自らの正義を信じて疑わない。

 

「私ってば、ほら、サバサバしてて、男らしいから!」

という女子が、真に男らしい事など、万に一つもない。

もれなく、壮絶に、女らしい。

しかも、拗らせ系に。

 

 

いっそ

「きゅるるん。モエ、守ってもらわなきゃ生きていけないの♡」

とウルウルお目目で上目遣いにうったえる女の子の方が、自分の武器を熟知し、本能で自らの力で狩りをする分、ナンボ漢らしいか分からない。

 

サバサバ系女子女子はこのウルルン女子を毛嫌いし、他の女子とつるんで、影で蹴落そうとする。

誰かとつるんで陰口をいう時点でサバサバさのカケラもないが、彼女たちはそんなことには気付かない。

自分が正しく、ウルルン女子が悪。

悪は排除すべし!と自ら正当化しているので、ためらいなく攻撃する。集団で。

「あの子、男にばかり媚び売ってて気持ち悪くない!?」

みたいな、なにをどう言ったらこれが正当な攻撃になるのか分からん事を、さも自分が正義!の顔でうったえる。

 

これに共感せずに

「言いたいことあるんなら、本人に言えば」

などと返そうものなら、火を噴くので、要注意。

 

最近あきんどの周りには減ってきたが、時々出逢う、サバサバ系女子。

会ったら面倒なので、飛んで逃げる。

 

f:id:harusank14:20170429202529j:image

なかなか個性的な日本酒を飲んだ。

 搾りかすをさらに絞ってブレンドした、という強気な一品。

これがまた癖が強いのなんの。

好き嫌いがきっぱり別れるお酒。

あきんどはお酒は「アク」が好き。というくらいだから平気だったが、普通の人は飛び上がるかも。