読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

汝の名は、おかん!12 おかんはちょいちょい罠をはる。

朝、煮リンゴを食べてむせた。

す、すっぱい!!腐った??

 舌がしびれる酸っぱさだ。
身の危険を感じる・・・。

 

あきんど「おかん、煮リンゴが腐っとる!」
おかん「あらー間に合わんかったんやねー。昨日酢を入れたんやけどー」

 

おかん、煮リンゴに米酢をドバドバ入れたらしい。

勘弁して。
せめて黒酢とかまろやかな酢を入れようよ。

 

ていうか、米酢をそのまま口に入れた衝撃で、腐っている舌の痺れか、米酢の衝撃か分からんやん。

 

なに、これ。

 

おかんがあきんどを毒殺するために考え出した罠か!?

 

朝から脳天直撃の食事であった。

 

母の日にとバラの鉢植えをおかんにあげた。

f:id:harusank14:20170512081710j:image

 

「まだ」生きてる。

これから黒魔術師(おかん)の手にかかるが、たくましく生き延びておくれ。

 

 

山の竹が赤い。
 昔おとんが「竹は何年かに一度赤くなって枯れる」と言っていた。

そういえば去年タケノコが豊作だった。

世代交代だろうか。

 

 

 

 


にほんブログ村