読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

汝の名は、おかん!13 おかんは自分だけ逃げる。

親戚の叔父さんの自慢のバラの見に行った。

f:id:harusank14:20170512081840j:imagef:id:harusank14:20170512081848j:image

叔父さんは居らず、勝手に庭のバラの写真を撮る。


田舎パーソナルスペースに関する考え方がおおらかだ。

都会じゃ不法侵入扱いだよ、これ・・・。

 

朝からおかんの指令を受け、庭のフキ取り。・・・やだ・・・・。


庭には複数箇所フキが生えている。

「植えている」ではない。

 

生えている。

あいつら、勝手に生えてくる。

ハーブとか山菜とかってのは、「雑草」のことだ。

区別があるとしたら、「食べれる」か否か、だけ。

正確には、食べて「美味しい」と感じるか否か、だけかも。

そりゃあ、人体に影響がある草もあるけど、たまたま人間には毒、ってだけ。

毒と薬はある意味同じ。

 

 

話をフキに戻す。

 

うちの庭に生えているフキの葉影がちょうど良いへびのお休み所。

なので、ここには毎日へびがいる。

なので、フキを刈ることに。


あきんどが!

一人で!

 

おかん、相変わらず、ヒドイ・・・・。


やだよー・・・。

 

長いクワ(へびを追っ払う)と包丁(フキを切る)を持ち、ミッションインポシブル。


出ないでよー出ないでよーと声をかけて物音をたてながら進む。


フキをガサガサクワで触り、もしいたとしてもへび様に速やかに移動していただいてから、作業開始。

 

あきんど、夢に見るほどへびが苦手。

「夢に見る」と言うと皆「欲求不満なんじゃない」と笑うが、同じ体験したら、絶対皆見るようになるから!

 

あれは7-10歳のころ。


うちに帰ると誰も居らず、居間の板張り(notフローリング)をへびが悠然と歩いていた。安全だと思っていたうちの中にへび!


机の上に飛び乗りへびをじっと見つめながら数時間一人で震えた。

 

 

そして、別の日。


庭のコンポストにゴミを捨ててこいと言われ、庭の小道を歩いていたら、小道に張り出す柿の木の枝に大きな青大将が巻きついていて、頭の真上20センチのところでへびと目があった。

 

 

そして、ある日。

 


石垣をよじ登っていたら、石垣の手をかけた部分からへびが顔を出した。

驚きあまり手を放し、石垣を滑り落ちた。

 

 

・・・・・まだ続くけど、聞きたい?

 

ちなみに撒いたへび避けの薬の上を悠然と通るへび。


おかんが

「直接撒いたら逃げた」

と言っていたが、

直接まいたら、砂だって逃げると思う。

 

 

 


にほんブログ村