読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

あきんど、文字を書く。

へぼへぼ雑記
あきんどの中では、SNS上で、人様から「読みたい」と思ってもらえる文章を書く上での禁忌、だと思っていることがある。
 
それは、
①特定の人に媚びること
②人の悪口を書くこと
③自己卑下(誉め言葉強要)すること
④自慢話をすること
 
SNSの使い方は人によって異なるが、特定の人と緩くつながり、複数のグループが存在する。グループの中の一部がつながることもあれば、全く縁遠いものもある。
 
突然親しくなったり、また縁遠くなったりする人もいる。
それも縁だったり、運だったりするから、していただいた恩は恩としていただき、感謝し、おもねらずに自分ができる恩返しをするのが良いのかな、と思う。
ただし、特定のグループの特定の人に媚びる投稿をアップすると、当たり前だが、そのグループのその人の傘下だと思われる。
のびのび誰とでも交流をするのがSNSを行う目的なので、避けるようにしている。
 
最近、FB上でも遠回しな人様の悪口を見かける。
皆思慮深いからか、遠回しだ。
でもFB上で緩くつながっている特定の誰かの悪口なのだ。

「たぶん、私も悪いの。誤解させるようなことしちゃったんだと思う。ちゃんと反省しなきゃ」
的な。
もちろんみんなこぞって書き込む。
「〇ちゃんは悪くないよ!」
「かわいそう~。そんなの縁切って当然だよ!」
 
・・・これは新手のイジメか?仲間外れの始まりか?
緩くつながったFB上のグループ内で、この手の悪口はあっという間に拡散される。
「これって、〇ちゃんのことだよね」
「そういえば、私もこのあいださあ」
このままおそらくこのターゲットAはグループから見限られるだろう。
ある意味最初に言いだした仮称Sの戦略勝ちだ。
 
四面楚歌作戦 と名付けよう。
 戦略的には素晴らしいと思う。
けど、私はそんな関係遠慮したい。
言いたいことがあるなら直接言う。直接言えないなら口をつぐむ。
 
も一つ面倒なのが、自己卑下投稿(誉め言葉強要バージョン)
ツイッターの笑い話
「ブスすぎてツラタン」
と似たようなことはFB上でもある。
毎日素晴らしく素敵に作りこんだ自撮り写真を上げる人がいる。
自己卑下の一言とともに。
「体重が人生MAXで顔がまん丸!」
みたいな。
 
もちろんみんなこぞって書き込む。
「そんなことないよ!かわいい♪」
「スタイル良すぎ!」
 
だれも「マジ太ったね」とは書き込まない。
漫才のボケとツッコミのごとく、セリフは決まっている。
たのしい、それ?
 
やっている側も面倒だし、内心「ウザ」と思っているから、やめた方が良い。
 
自己卑下しない、と矛盾するようだが、文末のオチは自分を落とすのが良い。
他人を貶めても誰も笑えない。落とすなら、自分自身。
ただし、誉め言葉を強要するような、意味のない自己卑下とは異なる。
読んだ人が気まずくならない、誉め言葉を強要しない、笑える絶妙のポイントを狙って落とすこと。
 
 
どうでもいいのだが、
先日自分のことを「信楽焼のタヌキが風呂敷を背負ったような恰好で」と表現したが、
誰一人否定の言葉をくれなかった。
万人が納得する自分オチ表現では、オチにならない。