読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

あきんど、オタク道を行く。でもすぐ戻る。

あきんど自身はそれほどオタクではない(!)が、吉祥寺に住むオタクのわが友からメールがきた。

警視庁特車二課の車に横たわってシートかけられたイン○ラムが添付されて。

「終わってシートがかけられてた・・」という泣き言とともに。


おそらく仕事帰りに駅に着いたらイベントが終わっていたのだろう。


機動警察パトレイバーは面白いと思う。

 

作業用の歩行型ロボットが一般に普及し、犯罪も歩行型ロボットによるものが増え、それに対抗するため警察にも歩行型ロボットを導入する。

それが「パト」+「レイバー」(労働)。

その最新型「イングラム」。

 

設定といい、作りこまれた描写といい、さすがアニメの巨匠、押井守

映画の方が話はさらに深い。

 

 

ただ、どうにも納得のいかない箇所があって、それが故に熱中できなかった。


イングラムに乗る主人公は女の子なのだが、この女の子が戦いのいざという時に目をつぶってパートナーの男の名を叫ぶだけ、という・・・。

 

おいおい、目つぶって喚いてる場合か!

 

働かんか!

 

と、それが不満で仕方ない。

 


なんでこんな役立たずが主人公なのよ。

てか、世の女性をバカにしとんのか。

 

そりゃ戦隊モノの女の子は役立たずだと相場は決まっているけどさ。

この設定考えたの、絶対男だよね。

あ、押井守なのか?w


腹据えた女はもうちょっと強いって。

 

目をつぶったりせず、

泣きながら立ち向かうくらいするって。

 

 

まあ商業的に視聴ターゲットが男である以上、主人公の女の子はいざという時に弱くパートナー(自分)に頼る、っていう方が受けるんだろうけどさ。

 

だったら、お飾りの女は排除して男だけの男臭い話にすればいいのに。

どうもその部分が気持ち悪い。


って、こんなこと真剣に考える不惑ってありなんかな・・・orz。

 

ちなみにパトレイバーがおそらくOVAのはしりだと思う。

オタクの友が嬉々として話していた。

 

もっとも飲んだくれた席での話だからあきんどの記憶は危ういが・・

 

 

 

 [まとめ買い] 機動警察パトレイバー(少年サンデーコミックス)