読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

汝の名は、おかん!11 おかんはだいたいナチュラルにヒドイ!

f:id:harusank14:20170507135520j:plain

夏みかんの花が咲いた。

 

黄金週間(後半)の昨日、朝からしゃがみこんで草をむしっていたら、おかんが「丁度良かった」←よくない。と、植木を剪定しろと言ってきた。

草むしりを途中でやめ、剪定鋏で伸びた植木をわしゃわしゃ刈りだしたら、おかん、10分もせぬうちに石垣の草を先に刈れ、と言う。隣のおじさん(推定80歳)が刈ってるから、一緒に刈ってこい、と。

剪定も途中でやめ、石垣をよじ降りる(よじのぼるって言うけど、よじ降りるって言わないね??)。

※うちの裏は石垣があり、その前は田んぼが広がる。

 

おかん「昨日、そこにへびがいたの。赤やらなんやらの鎖模様の」

 

・・・マムシやん!!

降りた後に言うな(O_O)!

 

毒蛇がいる石垣に子を落とすおかん。

千尋の谷に突き落とす獅子より、ひどい。

 

いざとなったら隣のおじさんに言えというが、80越えた「最近体調が悪い」と言ってるじーさんを盾に逃げて許されるんかな?

ありがたいことにマムシは出ず、やれやれ。

 

石垣をよじのぼり、再び剪定。

ひたすら刈る刈る刈る。

終わったら這いつくばってむしるむしるむしる。

HPがなくなり最後には10センチの段差すら昇れず。

体、痛い!

 

うちの裏。

f:id:harusank14:20170507135425j:plain

おかんに「茶を摘め」と言われ調子っぱずれに「夏もちーかづくはーちじゅうはーちや~」と歌って気づく。

あら、丁度八十八夜くらいじゃん(今年は5/2)。

 

摘んで揉んで干して、夕方飲んだ。これがほんとの生茶

うまうま。