読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

あきんど、本を読みつつ旅をする。55歳からのハローワーク。

これは、3年前の話。 3年前に読んだ本。 2014年4月26日、羽田空港での出来事。 *********** 早めに行ってエアポートラウンジで本でも読もうと思ったら、あなた! いやあ、すごいのがいる。 混んでるラウンジで2人で、4人掛けの席を占領し、靴を脱ぎ一人はソ…

あきんど、山へ登る。鷹尾山~風吹岩

登山をしていました。 というほど山へ登ったことはない。 というか、子供の頃にはよく登った。 必要に迫られて。 タケノコ採ったり、山菜とったり、果物採ったり。 そもそも果樹園(っていうと途端に優雅な雰囲気が出るが、実際は「みかん畑」とか「びわ畑」…

あきんど、旅をする。っていったって、仕事。

日本には城がある。 あちゃこちゃにあるので、関心がない人にとっては、あ~、ここにもお城があるのねえ。という程度にある。 なにわにもある。 大阪城。 復元された新しいものらしいけど。 国宝のお城は5つ。 松本城 犬山城 彦根城 姫路城 松江城 出張は、…

あきんど、旅をする。築地へGO!

我らヘッポコ地球防衛隊。 我らは今回、築地市場を救うべく立ち上がった。 朝、5時15分築地集合。 この時点で本気のモノしか集まれぬ。 緊張で(起きれなかったらどうしようという)前夜はほとんど寝れず。 1時間置きに目が覚めた。 相変わらずの小心者っぷ…

あきんど、旅に出る。 山口の名湯、俵山温泉。

おかんをつれて俵山温泉。 なんでも免疫系の病気によく効くらしい。 山口では有名な湯治場。 これがまた山奥なんだ。 しかもおかんは気軽く「ついでに○○に寄りたいから、先にそっちに行って♪」とのたまふ。 全然方向が違うんですけど・・。 俵山温泉まで直に…

あきんど、旅に出る。マチュピチュ!日本の。

春の大遠足 in マチュピチュ。(日本の) 「日本の○○」って言葉は二番煎じのようで好きではない。 ちなみに日本のマチュピチュ、といえば「竹田城」。 今回はその竹田城と共にに「天空の山城」と称される「備中松山城」。 11月~4月初めまで気温、天候次第で朝一番に雲…

あきんど、旅をする。長門峡。

ゆく川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらずよどみに浮かぶうたかたはかつ消えかつ結びて 久しくとどまりたるためしなし 山口が誇る景観。長門峡。 子供の頃に何度となく連れてきてもらった。 道々亡くなった父のことを思い出した。 思い出過ごした時間、…

あきんど、帰省する。田舎の朝はこんな感じ。

「私の朝は鳥の歌声で始まる♪」と言えばなんだか優雅な気がする。 確かにウグイスが高らかに歌を奏でる日もある。 ツツピーツツピーと愛らしく歌うのはヤマガラかシジュウカラか。 あんまりかわいくない歌声はツグミかしら~。 ・・・でも朝から一番大音響の…

あきんど、旅に出る。おかんと一心行の桜。

これは2014年3月27日のおかんとの珍道中。 熊本、阿蘇には有名な桜がある。 一心行の大桜。 樹齢400年を超える大きな古木で、それはそれは見事な花を咲かせる。 「一心に行」の文字からも想像つく通り、弔いの桜である。 今は多くの人の心を慰め、浮き立たせ…

あきんど、旅に出る。行くシカない。奈良。

奈良、都としては京都より歴史がございます。 にもかかわらず、お高くとまった雰囲気はなく、のほほーん、という空気が漂います。 それはお土産を見ても言えます。 「鹿のフン」 というチョコレートや 「ならシカない」 のダジャレシリーズなど、 古都のプラ…

あきんど、旅に出る。そうだ、京都、行こう。

そうだ、京都、行こう。 このキャッチコピーのおかげで(?)、京都は人まみれ。 電車もバスも満員。 やっぱり、旅は人ごみに行くもんではこざいません。 ・・・桜には早いこの時期なら空いてるかと思いきや、そんなことはまるでございません。 人、人、人。…

あきんど、旅に出る。すぐそこ。

お友達から「今日ひまー?」と連絡がきた。 暇だが、ひまじゃない。 今日のあきんどにはノビー(_ _).。o○(´-`).。oO・・・とする、という重大な任務がある。たとえヤリが降ろうと「この藤吉郎、決して殿のおそばを離れませぬー!」という勢いでストーブとソ…