読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナニワあきんど1年生。

立派なナニワあきんどへのへぼへぼ道。

汝の名は、おかん!3

おかんシリーズ へぼへぼ雑記

お彼岸でございます。

 

彼岸とは春分秋分の前後3日間をいい、

2017年は3月17日から3月23日までが春のお彼岸でございます。

皆々様におかれましては、牡丹餅をお召し上がりになっていらっしゃいますでしょうか。

別に牡丹餅を食べる日ではございませんが。

 

 

「彼岸」とは悟りの世界。すなわち あの世 のことでございます。

対になる言葉は「此岸(しがん)」。

この世。現世。現世を煩悩と迷いの世界、と仏教では位置づけております。

 

と、真面目に始めてみましたが、ネタは、おかん。

今日も、おかん。

 

 

 

 おかんの住まいは 雪深くはございませんが、冷え込み厳しい海と山に囲まれたところにございます。

冬は当然、氷点下。

西日本にもかかわらず、春は遠く、3月でも、朝は霜がびっしり、そんなところでございます。

 

 

それでもお彼岸の頃には冷え込みの中に春の兆しを感じます。

暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったものでございます。

 


おかんと一緒に墓掃除へ参りました。

墓は山を削ったところにあり、バケツをもって結構急な石段を登らねばなりません。

おかん、病気で手足が不自由でございます。

あいにく 口は達者なまま でございますが。

 

重いもの(つまり水がいっぱいに入ったバケツ2つ)はあきんどが持ち、おかんに石段を先に上らせ、降りるときはあきんどが先に降りる。

 

どこの紳士やねん。

と突っ込みたくなるようなエスコートぶりを発揮いたします。

転げて骨でもおられたらエライことでございますから。

 

世の男性方、ご存知でしょうか。

スコートの基本。

階段は(エスカレーターも)女性を先に上らせ、降りるときには男性が先に降りる。

 

今まで知り合った紳士のなかでスマートにこれを実行された方を一人しか存じません。

日本の男性はこの世界紳士ルールを知らないのかもしれませんね。

 

女性に万が一のことがあったときに身を呈して庇えるように、ということだそうで、こんなところで男女平等を訴える男性はもれなく、モテません。

 

いざというときに身を呈しておかんを庇うかどうかは別にして、そうやってようようケガもせずにうちに帰ったというのに、あきんどが夕飯を作って

「おかん、ご飯できたよー」

と呼んだら、家の中をバタバタバターと駆けてきて、

 

ズテーン!!!

 

…お、おかん!!?


おかんは居間の入り口の段差で転んだのでございます。

おかん、薬の副作用でひどい骨粗しょう症

つまり、骨が脆く、すぐ折れるのでございます。

病院の先生からも気を付けるように言われております。

なのに、走る。

子供か。

 

ものすごい音にあきんどの心臓がとまりかけたのでございます。

おかんは痛い痛いとうめきながらご飯を食べておりました。

 

こんなおかんは

「あんた、邪魔やからこのうちから出て行きさい」

とあきんどに言うのでございます。

 

おかんはどこまでもおかん
、なのでございます。